アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

空き巣などの被害というのは、半数以上が窓からの侵入だと言われています。
しかもガラスを割って侵入するケースは非常に多いのです。
ですので「窓の鍵を閉めたから大丈夫」は通用しません。
そこで役に立つのが防犯ガラスです。
これは合わせ複層ガラスを用いるのが一般的です。
特殊な中間膜を挟み込んだものが主流で、非常に割れにくいのが特徴です。
ハンマーで叩き割る実験でも、打ち破ることが出来なかったという実証もあるのです。
また、防犯効果だけではなく、UVカットの効果も含んでいるものもあります。
複層ではなく単板状のものも存在しており、こちらも同じく割れにくいという特徴を持っています。
キリのような先の尖った道具で穴を開けようとしても、耐貫通性にも優れているため非常に困難なのです。
空き巣などは通常、5分間侵入を防げば諦めると言われています。
そのため、割ることも穴を開けることも出来ないという状態は、侵入を防ぐのに多大な効果を発揮するのです。

防犯に役立つ窓の種類

防犯に役立つものというと、複層型や単板型が一般的です。
しかしその他にも、様々な種類が存在しています。
例えば合体型というものもあります。
これは真空と防犯二つのガラスを合体させた形のものを指します。
こちらも割れにくく耐貫通性も高いという特徴があり、不審者の侵入を防ぐ効果があるのです。
侵入されやすい場所によって厚みを選んで、場所ごとに違うものを設置することも可能です。
また、こうした窓の入れ替えをせずに、同じ効果を発揮するフィルムも存在しています。
これの設置方法は実に簡単で、現在使用している窓にこのフィルムを貼り付けるだけで済みます。
たったそれだけのことで、割れにくい状態にすることが出来るのです。
フィルムを貼り付けたからといって、透明度が下がるということもありません。
ですので貼る前と同様に、何の問題も違和感もなく過ごすことが可能です。
割れにくいだけではなく、UVカット効果を期待できるものもあります。